2012年03月31日

3月最終日だ・・・

ひゃー、3月が終わるざます。

3月は結婚記念日とか手術した日とか誕生日とか
もともといろいろ詰まってるけど、
昨年の大震災も3月で、更にいろいろな思いめぐる月に。

とはいえ、淡々と日々を重ねてるのだが・・・。

手術からは無事丸6年が経過し、
ホルモン療法終了してからもう少しで半年。

生理はきっちりきてるけど、すごく少量で、婦人科の先生曰く内膜は非常に薄い。
これは、妊娠・出産を望んでいる場合は大問題なんだろうね。
でも、私は特に希望していないので、ね。

で、術後6年経過はめでたくてヨシなのだが、
目下の問題(ってほどでもないが)は胃炎若しくは胃潰瘍。おほほ。

もともと「年齢のわりにくたびれた胃」と言われていて、
毎年律儀に胃カメラ受けてるんだけど、
今年の胃の状態はかなりいけてなかったらしい。
終わってすぐ「これは痛いでしょ」と言われた。
(立ち会っていたナースも「うんうん」とうなずくし。笑)

確か2月に「先生、私最近胃の調子いいからこの1ヶ月くらい薬飲んでないの〜♪」
とか威張って報告したのに〜。

とりあえず別の薬にして、次回の外来(5月)までしっかり飲むように、
と言い渡され、内視鏡室を辞してきた。

あ、今回はいくつかつまんで病理に出したらしいけど
「多分がんじゃないから大丈夫」と言われており、
その後特に呼び出しもないから大丈夫だったんだろう。

薬を飲み始めて10日くらいで、空腹時の胃の痛みがだいぶ和らいだわ。
(やっぱり痛かったんじゃん。笑)

しかしね、齢40にもなると、親も老いるし心配事は絶えないのよね。
会社でも、それなりにストレスはあるしね。

でもまあストレスのない生活なんてないし、
ストレスは単純に悪者ってわけでもないんだよね。

要するに、過度なストレスをうまくやりすごす術を
身に付けねばならんのでしょうなあ。

ちなみに、胃が痛くても別に食べられないわけじゃないから
ちっとも痩せない。
むしろ、空腹時に胃が痛むので、痛みを抑えるために食べてしまう。

春物の服、着られないかも・・・。
posted by シロクマ at 14:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

あー、サッカー負けちゃったーーー。残念。
宮市くん出られなくてそれも残念。

それにしても降った降った、今日の雪。

12022902.gif
 
12022903.gif

今日はたまたま休みを取っていたんだけど、
この写真を撮ったお昼過ぎ、この辺は20センチは積もってたねえ。

そして夕方再度外に出たときには、子ども達の足跡がザクザクついてて、
でっかい雪だるま作成中だった。
いいぞ、子ども達!!
posted by シロクマ at 21:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

今日はバレエの話

コジョカルのガラをA・Bプロ1回ずつ見た。

このガラ、すごーく評判がよいようなのだけど、
私はなんだか仲間に入れないまま終わっていった感じ〜。

特にAプロは、ずいぶんムキムキになってしまったコジョカルに驚き、
コボーが幕開けから3演目連続出演なのに首を捻り・・・、
としてる間にどんどん進んでっちゃって、
1幕最後「レ・リュタン」のマックレーでようやく覚醒したのよ〜。

もうね、1幕3つ目のローズアダージョも、
王子達の衣装が白いシャツに黒いパンツだったから
「連続出演のコボーとムンタギロフの着替えやすさ優先か!?」とか思っちゃうし、
いっそのこと、コジョカル@オーロラもチュチュじゃない方が
私の心は穏やかだったかも。(笑)

でもやっぱりコジョカルはうまいよね〜。
大怪我からの復帰にあたってあんなに筋肉つけちゃったのかな、と
ちょっと残念でもあるけど。

私はマックレーが好きなので、マックレーを連れてきてくれてありがとう。
彼はホントによく体が動くよねえ。
ああいう、音楽が聞こえてくる感じのダンサーが私は好きなのだ。

ちなみに今回、ロベルタ・マルケスがマックレーと「タランテラ」、
コボーと「ゼンツァーノの花祭り」を踊っていたけれど、
「タランテラ」ではマックレーを、「ゼンツァーノ」ではコボーを見ていた私は、
マルケスのことがあまり記憶にない・・・。

それから、初めて見たクリメントヴァが、正統派って感じでよかった。
ガラで「くるみ」なんて地味だよな〜って思ってたけど、
「タランテラ」がごごごーーーっと終わっていった後に
すごくほっとする演目だったわ〜。

さて、両プロ通じて私の最大の楽しみだったコジョカルとサーシャの椿姫。
全幕で数回共演しているのもあってか、とても情熱的なPDDだった。
(サーシャと踊るマルグリットは衣装が破れる確率高し。笑)

けど、ピアノがねーーーーー。
あれじゃ踊るの大変だったんじゃないかなーーー。
ピアノにうるさいうちの姉がいたら、きっと憤死したことだろう。
私はもっと無心にこのPDDを見たかったよ・・・。

サーシャ的にはコジョカルはとてもよきパートナーのようで、
彼にしては珍しいくらいカーテンコールでも情熱的だったわね〜。
(この二人は、キエフのバレエ学校で在学期間かぶってるのかな??)

はー。次にサーシャを見られるのはいつかしら。
っていうか今シーズンはゲストのコジョカルと椿姫を踊ってるけど、
来シーズン以降は誰と踊るのかなあ。
ずっと踊ってきたジョエル・ブーローニュが昨シーズンで引退しちゃってから、
私の中の懸案事項なのよ。(笑)
ハンブルクバレエでは、椿姫のパートナーはほぼ固定みたいだからねえ。

と、それは今は置いといて、
私としてはこのピアノでものすごーーーくテンションダウン、
「ザ・レッスン」と「ドン・キ」はそれなりに鑑賞したけれど、
なんとなく「楽しかった〜」とか思えない残念な公演になってしまったのであった。

12日に小野絢子ちゃん主演の新国立劇場「こうもり」を見て、
すごく楽しかったからテンション上がって迎えたこのガラだったんだけどなあ。
ああ残念★
posted by シロクマ at 19:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

病院混んでた★

金曜に、久しぶりに通院。
婦人科検診の結果を聞くのと外科の診察。

婦人科検診は今回、子宮頸がんと体がん両方で、両方とも問題なし。
11月のCTで写ってた卵巣ののう胞のフォローでエコーする?
ときかれたけれど、きっと5月にまたCT撮るから
その時に腫れてたりしたらまた婦人科に行くってことで今回はエコーなし。
(だって心の準備が・・・。笑)

外科では「先生、私今日、なんで来たんだっけ?」ときいてしまう。
主治医は「えっ?もごもごもご・・・」と言ってたけど、
そうだそうだ、いろいろ薬出してもらってるからだった、多分。

でも基本、やることないから(笑)、
主治医は婦人科検診の結果までチェックするんだよね。
(但し、見ても彼にはよくわからないのである。)
こうしてどんどん患者さんの待ち時間が延びていく・・・。
私今回、先生に聞いて欲しい話があったんだけど(なんだよそれ。笑)、
待合が殺気立ってきてたからしゃべんないで帰ってきたよ〜。

あ、そういえば5年半検査結果の積み残しで、
マーカーのNCCST439がまた30いくつとか基準値を超えてたけど、
もうこれは無視。話題にもならない。(笑)

3月は毎年胃カメラをやってもらってるのでその予約を入れて、
診察自体は次は5月ね〜と言われたので、
「ところで先生、私はまだずっと半年に1回CT撮るの?」ときいてみた。
だって半年に1回なら5月は検査の月だもの〜。
(別にイヤとかじゃないのよ。だって私検査好きだし。)

そしたら「ずっとじゃないけどまだ診たいよね」と言われ、
5月にCTその他の予約を入れてきた。
(ちなみに私は3月で術後丸6年。)
検査の項目も頻度も病院によってそれぞれみたいだけど、
うちの先生かなり用心深いタイプだよね。
   
例によってバレエの話
posted by シロクマ at 21:36| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

2月はバレエ月間☆

早くも2月。
というか立春。

昨日は豆もまかず、オットと近所のイタリアンに夕ご飯食べに行ったんだけど、
金曜とは思えないくらいお客さんが少なかった。
みんなおうちで豆まいたんだなーーー。

今日からしばらく、少しはあったかくなるみたいだね。
でもどうだろう、少し気温が上がると電車の足下の暖房も弱くなり、
会社の空調も設定温度が下がるから、
私はやっぱり5本指ソックスはいてタイツはいて、足の裏にカイロ貼って
通勤するんだろうな。

さて、今月はバレエ月間なのである。
お願いだからもう少し散らしてくれよと思うけれど、
こういうことって結構あるんだよね〜。

ということで、ここから先はバレエの話ゆえ折り畳み!
 続きを読む
posted by シロクマ at 17:51| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

2012年

早くも新年明けて7日。
今年は明るく穏やかな年になりますように。

+++

毎年のことだけど、年末年始のお休みはあまり休まらない。
今年も4日が仕事始めでようやくこの3連休まで辿り着いたよ〜。

オットの甥っ子の仮面ライダーごっこに付き合っていたら
突然首が痛くなってしまい、未だ治らないし。
揉まない方がいいのかな。
でも放置してても改善する兆しなしだから、揉んじゃおうかな?

+++

しばらくブログを放置していた間に、婦人科検診に行ったのであった。

外科の診察時に間に合わなかった(そりゃ検査当日だからね)
腫瘍マーカーの結果などを婦人科の先生に見せてもらったら、
NCCST439が、またびゅーんと基準値をぶっちぎっていた。
もう、私はこのマーカー、完全無視って感じかなあ。

あと、CTに「卵巣嚢腫っぽいのが写ってる」と外科で言われていて、
婦人科の先生にCT画像などチェックしてもらう。
私は10月初めにホルモン療法を終了し、
その直後からほぼ30日周期できっちり生理がきているのだが、
CTを撮った日を周期的に考えて&エコーで確認した結果も踏まえて
「卵巣嚢腫じゃなくて黄体嚢胞だと思う」とのこと。

ちなみに、この検診を受けたのは12月初旬だったのだが、
結果を聞きに行くのは外科外来の予約にあわせて2月。
婦人科の先生も「大丈夫だと思うよ〜」って言うし。

それにしても、女性ホルモンというのは非常に偉大だ、と実感。
検査の痛さが全然違ったもの〜。
ま、非常に愉しくない検査であることには変わりないけどね!

さて、これから七草がゆでも作ろうかな。
(朝食に、なんていうのは私には決して達成できない偉業☆)
posted by シロクマ at 17:57| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

術後5年半の検診

米国で、アバスチンの乳がんへの承認が取り消されるんだってね。
日本では承認されたばっかりでしょう?
どうなのかしら、日本にも影響あるのかなあ。

***

先週、術後5年半とちょっと検診だった。

メニューは採血、胸部レントゲン、マンモグラフィ、首〜骨盤のCT、
そして乳腺エコー。

とりあえず、当日結果がわかる範囲では問題なし。
あとはマーカー待ちかな。
でも外科には3ヶ月後にしか行かないので、
来月婦人科検診の時に婦人科の先生に見せてもらおうっと。
(5年半たっても3ヶ月に1回外来なのか?って感じだけど、
多分、私、胃薬出してもらってるからだわ。笑)

10月上旬にノルバを終了した私だが、
その後すぐ、それまで3ヶ月ほど音沙汰なしだった生理がやってきて、
その次も30日周期くらいでやってきた。
なんというか、いきなりキッチリしてるわよね〜。

ノルバと同時に当帰芍薬散もやめていたのだけど、
今回の生理前、PMSのつらさをガッツリ味わい、
当帰芍薬散飲んでた間は、生理が比較的順調なときも
PMSなんてなかったなあ、と気がついた。

なので、しばらく薬は何も飲まない日々を過ごそうと思っていたけど、
やっぱり当帰芍薬散は飲むことにした。
(あ、胃薬も飲んでるや。年齢の割にくたびれた胃、と言われている。)

私はエコーも主治医にやってもらってるんだけど、
「少ししか残せなかったけど、
それでもちゃんと元の位置に形も整ったままあるし、
やっぱり、乳首残せなくても温存した価値はあったねえ」と、
エコーしながら主治医が言った。

確かに、胸元が開いた服を着たときに見えちゃいそうな部分は、
ちゃんとあるように見えるのよね。
(だから私は術前とほぼ変わりない服装をしている。)

私の場合、「温存」というイメージからはかけ離れているんだけど
(なにしろ元の3分の1残ってるかしらって感じ)、
補正も元々ブラに入ってるパットを術側に2個とも詰め込むだけで、
なんだかそれなりに見える(と、本人は思っている)し、
元々胸に全くこだわりのない人間だったのもあってか、
相変わらず再建したいとか思うこともなく過ごしている。

温存したのは親孝行の一環だったのだけど(詳細こちら)、
母に従っておいてよかったな、というところだね。
ラベル:術後定期検診
posted by シロクマ at 21:39| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

パゴダの王子

バレエのお話。

111106_oyatu.gif *幕間におやつ*

少なくとも2キャスト、
できれば3キャスト制覇しちゃおうかなー、
なんて思っていた新国立の「パゴダの王子」だったのに、
風邪をひいて絶不調だった私は、
結局1キャスト×2回しか見れずに終わってしまった。
(そもそも風邪が悪化したのも無理してギエム公演に行ったりしてたせいだけどね★)

ひと言で言うと、私はとっても楽しかった。

まず、セットがとってもキレイ。
宮廷背景の富士山が見えた瞬間「ああ、素敵」と思った。
衣装も、特に和を意識した衣装がすごくキレイだったし。

能の津村禮次郎さんが、当初踊るはずだった皇帝の役を
製作途中で降板されたけど、
あの振付ならいけたんじゃないかしら。
是非見てみたかったなーーー。(いろいろ事情があったのかしら。)
堀さんもとてもよかったけどね。

この皇帝を踊るにあたって、日本人であること、年を重ねてることが
堀さんにとってアドバンテージだったと思うんだけど、
30代ロシア人のトレウバエフはどう踊ったのか、ああ、見たかった。

私の好きな小野絢子ちゃんは、今回も期待を裏切らず。
相変わらず心地よい音の使い方♪♪
ただ、この「さくら姫」って、主役だしいっぱい踊るけど、
決しておいしい役じゃないよね。
おとぎ話のお姫様だから仕方ないけど、
継母エピーヌの方がダンサーとして見せる幅は大きいと思うし。

トカゲ&王子の福岡雄大くんは、とても好調。
クラシックの王子で見たことはないんだけど、
来シーズンにはプリンシパルかなーって思いながら見てた。
「マノン」のデ・グリューが楽しみ。

開演前、初日は座って愛想を振りまいてただけだった道化の吉本さん、
楽日には手品を数種類披露してたよー。
練習したのかな?(笑)

それから忘れてならじ、3幕の袴をはいて踊る男性群舞は素敵だったわあ。
(タレントも結構そろえてあったし。)

初日のカーテンコールで出てきたビントレーは、ダンサー達に向かってガッツポーズ!
なんだかかわいらしくて好感。

結構被り物も多いので(笑)いろいろ大変だったかもしれないけど、
私は本当に楽しませてもらったわ〜。
今、頭の中では炎チームの人たちがさくら姫に迫ってくる音楽が流れてる〜。

いつか再演されるときにはオットを連れて行こうかな。
posted by シロクマ at 21:29| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

ホルモン療法終了

先日、ノルバデックスの服用を終え、ホルモン療法5年完遂。

最初の3年はゾラデックスも併用、
いったい何人のナースにお腹の脂肪をつままれたことか。

トレンドの変化に伴い、
ゾラを5年やるかどうかとずいぶん迷ったけど、
私の場合はもし続けてたら相当つらかったと思うわ〜。
ノルバ単独になって、ずいぶん楽になったから。

で、楽になったのはいいんだけど、太った!!
治療終了して、このデブは治るのだろうか・・・。

ちなみに、今はゾラの投与期間って何年が一般的なのかな?
私が手術した2006年は2年が最も一般的だったけれど。
(でも私の主治医は当初から3年やると言った。)

まあとりあえず、この5年間(手術からだと5年半強)で
体力が著しく低下したから、少しずつ体を動かさないとなー。
何より、デブ解消のために・・・。
posted by シロクマ at 19:34| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | ホルモン療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

ピンクのバラ

今朝、東京駅を出たところでピンクのバラを配ってた。

私はティッシュとかサンプルとかあまりもらわないのだけど、
バラは好きだし今日は通院で午後半休だしと受け取ったらば、
ピンクリボンキャンペーンで配っていたものらしい。

ある意味、私よりもっと他の人が受け取るべきものだったわね。(笑)
でも、かわいいピンクのバラで嬉しい。(写真だと赤に見えるね。)

110930_01.gif

さて、5月の採血結果でNCC-ST-439がポンと上がってしまったため、
しばらく間をあけて再度検査してみよう、と、前回の診察で言われたので、
先週台風の大雨の中、採血しに行った私。

で、本日その結果を聞きに行ったらば、マーカーは10まで下がってた☆
(一応まだ基準値超えではあるが、私、このマーカーは基準値に収まったことがないのだ。)

そしてエストラジオールは540。(前回148)

先日マーカーのことを記事にした際に、ホルモンの状況が影響するみたいですよ、
とコメントで教えてくださった方もいらしたし、
私もそういう情報は聞いたことがあって、あまり気にせず過ごしたけど、
私の場合はエストラジオール云々ともあまり関係なく、
無意味に上がってしまったみたいだね。

そんだけエストラジオールが上がってるわりに、もう2ヶ月以上生理なし。
おかげで貧血改善。

「まあホルモン値が上がってても、ちゃんと着床する状態になってるかどうかは
別問題みたいだけどね」と、まだ私が子どもを産む可能性を語る主治医。
まあこれも先生の優しさだと思っておこう。(笑)

最近なんだか右肩が四十肩みたいな感じなんだよね〜という私に、
「お!四十に・・・あ、まだなってないか」とちょっとニヤリな主治医。
ふふーん、私、あと半年30代なんだよーん。
ま、誤差みたいなもんだけどね。(笑)
っていうか、同級生がどんどん40になっているので、自分ももう40な感じ。
初めて主治医に会った時は33歳だったんだけどーーー。

ちなみに、あと1週間でノルバ服用終了の私である。
ケモ・放射線・ホルモン療法と、5年半かけての治療の間、
結局2ヶ月以上通院間隔があくことはなかったなー。
でも、次回、11月に術後5年半(とちょっと)検診をして、
その後はきっと、半年に1回とかになるでしょう。
続きを読む
posted by シロクマ at 22:08| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ホルモン療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする