2016年03月15日

早いもので

ずいぶん久しぶりの更新!

この3月で、手術から10年が経過しました。
大変ありがたいことに、再発等なく、元気に暮らしています。

今は外国暮らしなので、日本に比べると不便なことも色々あるけど、
こういう経験をできるのも元気だからこそ、幸せなことよ、
と自分に言い聞かせてます〜。
(でもね、海外に出るなら若いうちの方がいいと思うな。
40を過ぎてからのヨーロッパ生活、食べ物とかやっぱり日本のものが恋しい。
大都会であれば、日常的に日本の食材も買えるけどね!)

10年を過ぎたら、もうあまり検査をしないとか、そういう病院が多いのかしら?
この間帰国した際、主治医に「3月で10年だねー」と言われたけれど、
今後のことについては特に何も。
秋には普通に、毎年恒例の検査を受ける予定です。

ちなみに、今年のお正月はアムステルダムで迎えました。
去年のデュッセルドルフ同様、日系ホテルでおいしい和食を食べようっていう魂胆。

image.jpeg

ライクスミュージアムから写真3点とオランダ名物コロッケ自販機。
コロッケ自販機にはずっと憧れてたんだけど、もういいかな。笑

ヨーロッパに住んでる割には全然旅行とかしてない方だけど、
まあ今後もマイペースでのんびり生活です。

またそのうち、不意に更新しまーす。
posted by シロクマ at 17:28| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

卵巣チョコレート囊胞

3月になった!ビックリ!!
今日は結婚記念日なんだけど、辛うじて昨日の夜思い出した。
今日の夜、オットは友達と飲み会だよ。(笑)

さて本題。
私、この1年程卵巣チョコレート囊胞の経過観察を続けていた。
主に内診(エコー)でのサイズ計測と腫瘍マーカーのチェック。

特に痛みがあるわけでもないので経過観察を続けていくつもりでいたけれど、
(まだ詳しく書けないが)自分の生活状況が大きく変わることが決まり、
そうなると3ヶ月に1回の経過観察がすごく負担になりそうなので、
考えた結果、手術してしまうことにした。

ちなみに大きな囊胞があるのは左だけ、サイズは5.7センチ。
(即手術しようという大きさではないが、手術不適という大きさでもない。)

うちの病院の婦人科は腹腔鏡での手術をしていないので、
都心にある別の病院で。
これは婦人科の先生の紹介ではなくて、自分で調べて行った病院。
姉が一昨年くらいに子宮鏡下手術を受けた病院でもある。

ここの婦人科は、腹腔鏡下や子宮鏡下の手術をメインにしていて、
初診から手術ありき、で、私としてはある意味楽ちんだったわー。
ただ、インフォームド・コンセントにはこだわっているようで、
説明はすごく詳しい。
イマドキな感じの病院だよね。

話はとんとんと進んで、
2月の末に3泊4日でチョコレート囊胞切除の腹腔鏡下手術を受けた。

普通、私の年齢だと囊胞の部分だけ切除して、卵巣・卵管は残すらしい。
それでもいいといえばいいのだけど、卵巣がある限り、再発のリスクはある。
(もちろん反対側の卵巣に新たに出来る可能性だってある。)

私の場合、今後の妊娠を希望していないので、
卵巣を2つとも残すメリットよりも、今後の再発リスクを下げることを
優先させてもらって、左の卵巣・卵管を切除。
右にも小さな囊胞があったので、囊胞だけ切除して、
周囲との癒着を外してくれたそうだ。
(すっごい鮮明なお写真を頂いたわ。ほほほ。)

手術の創は1.2センチ、0.8センチ、0.8センチの3カ所だった。

乳腺の手術以来、およそ8年ぶりの手術だったけど、
あーーー、術後って気分悪いんだったよねーーー、と、
手術の選択を少々後悔しながら、手術当日の夜を過ごしたわ〜。

お小水の管が不快なのもあるけど(でもしばらくするとだいぶ慣れる)、
エコノミー症候群予防の脚のマッサージャーがもっと不快だね。
(私の以前の手術の時はこれはなかった。)
術後3時間経った後は好きに寝返りしていいって言われたんだけど、
マッサージャーが私の動きを阻害するのよっ。

ちなみに、麻酔のルート確保の際、3回針を刺されたんだけど、
終わってみたらその3回目とは違うところに刺さってる気が??
私の知らない間に刺し直した??

hand.gif

点滴の管を止めてあるあたりにも針跡があったので、
ただ今このあたり絶賛青あざ中〜☆
ま、ここだけじゃなくて、その後採血した足の内くるぶしとか
腕の内側とか、もれなく青あざだけどね。
(足の内くるぶしに刺すのは手の甲よりも痛いわ。)

基本的に、私は痛みに鈍い体質のようなので、
手術の翌日からは基本で与えられる痛み止めだけで十分。
手術から2日目の夜にお見舞いに来てくれた友人曰く、
病の気配ゼロ、と。

ちなみにこの友人は、当日の朝「私、入院中」ってメールしたら、
当然のように来てくれた、ありがたい人である。
何が欲しい?ってきかれたので、スタバのドリップコーヒーを所望。
お茶受けにペコちゃん焼きを買ってきてくれた。
(とても気が利く42才男性。笑)

peko.gif

相変わらず恐いペコちゃん焼き。(笑)
ちなみに中はカスタード・チョコ・苺ミルク・あずき・よもぎ・チーズ。
かぼちゃは売り切れだったらしい☆

今日で手術から5日目かな?
何もしなくてもうっすらと痛みがあり、ぐいぐい歩くとそれなりに痛むけど、
痛み止めを飲むほどでもなく、普通に生活中。
まだしばらくは、お風呂には浸かれずシャワーのみ。
来週外来に行くの忘れないようにしなくっちゃ!!
posted by シロクマ at 15:40| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

定例通院

シキミアは長持ち☆
まずは渋ピンクと黄緑のカーネーションと
ホワイトレースを追加。

tuika.gif

そしてカーネーションがだめになったところで
アネモネとピペリカム投入!
(シキミアが陰になってよく見えないねえ。)

anemone.gif

さて、12月に入って婦人科と外科を受診。
(同日受診は意外と大変なので、今回から別々にした。)

目下一番の懸案事項、チョコレート囊胞。
エコーで診てもらったところ、大きくなっているそう。
最近お手洗いが近くなったのはこのせいか・・・。

5センチちょっとなんだけど、諸々の事情を鑑みて、手術を検討中。
(一応、40代で5センチだったら手術適応ではあるらしい。)
うちの病院の婦人科では腹腔鏡はやってないそうなので、
病院を決めなくては〜。
開腹手術はしたくないからね。
来週、再び婦人科受診で先生と相談の予定。

外科は特にコレといったことはなし。
ただ、最近また胃が痛むので胃薬再開。
薬局で山のように薬をもらうのが恥ずかしい。。。

そうそう、婦人科でも外科でも採血があったので、
2週連続で採血。
2週目の昨日は手の甲に刺さったけどすぐに血が出なくなって
手首でやり直してOK。
寒い季節の採血はなかなか難しいね。
私は痛みには鈍いのでそれほどツライことではないけど、
大変恐縮されてこちらこそ申し訳ないって感じ〜。

それにしても、あと2週間で今年も終わりなのかあ。
はやいわねえ。
私、仕事辞めて1年もたつなんて、全然実感ないよー。
収入ないくせに変わらずのどんぶり勘定だが、
オットには「意外とお金使わないよねー」と言われる私。
洋服とか全然買ってないからかしらねー。
だって必要ないんだもん。
けど、冬のバーゲンでは何か買おうかなあ。

ああ、年賀状書かなきゃ・・・。
posted by シロクマ at 14:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

術後7年半

早くも9月が終わる・・・。
最近すっかり秋めいてきて、オットのシャツも半袖から長袖に。
長袖シャツのアイロンってめんどいよね〜。

ちなみにこの夏は2回エアコン使ったよ。
1度目はオットに「ホントに死にそうに暑くなった時の予行演習で
1度つけてみろ」と言われたのだけど、案の定リモコンの電池が液漏れしてた。(笑)
2度目は浴室乾燥機の修理のお兄さんが来たとき。
エアコンつけてもお兄さん汗だくだったけどね。

さて、先週の金曜は外科と婦人科ダブル受診、5時間病院にいたわ〜。
婦人科は普通の混み方、外科は異常な混み方。(笑)
両方とも11時の予約で、婦人科は採血結果の待ち時間とかもあったし
行ったり来たりする予定だったんだけど、先に婦人科が全部終わっちゃった☆
外科の主治医曰く「たまにこんな日があるんだよね〜。」だって。

今回、外科は術後7年半の定期検診結果。
CT、胸部レントゲン、マンモ、それから当日に乳腺エコーで
全て問題なし。腫瘍マーカーもOK。

「7年半。」と主治医。
「7年半。」と頷く私。

今回は婦人科の方がメイン、というか以前から卵巣に囊胞があって、
腫瘍マーカー調べたりしていたのよね。
で、マーカーは基準値をぶっちぎってるんだけども、
婦人科の先生曰く、「卵巣がんだとね、だいたいもう1桁くらい、
更にぶっちぎるのが普通なんですよ。」とのことだったので、
さほど気にせず経過観察中だったの。

そして今回、外科のオーダーで撮ったCTの結果や内診(エコー)、
この3ヶ月のマーカーの推移などから「チョコレート囊胞」と診断。
とりあえず現状では手術とかしなくても大丈夫、
今後大きくなっていくようならリュープリン打ったりするかも、
また、いずれ手術する可能性もあり、とのこと。

チョコレート囊胞の癌化の頻度は0.8%程だそうで、
「まあシロクマさんの場合は乳腺の病気のことがありますから、
用心深く観察していきましょう。」と先生。
ちなみにこの病気に関して患者ができることは、
「定期的な受診を怠らないこと、
下腹部にひどい痛みが出るなどした場合はすぐに受診すること」だそうだ。

私の場合、乳がんの治療で4年半生理がなかったわけだけど、
もしその期間がなかったら、もっと早くに子宮内膜症なりチョコレート囊胞なり
発症してたかもしれないね、と先生が言っていたわ。
確かに。

外科の主治医にも報告したら、「またリュープリンかあ。
いっそのことずっと打ち続けときゃよかったかもねえ。」と言われたけど、
「だって先生、私もう続けるの無理だったもん。」と言ったら
「そうだねえ。漢方飲んでやっとこだったもんねえ。」と意外に当を得たお答え。

まあそんなわけで、これからも婦人科は定期通院が続くことになったわ。
憂鬱だけどしょうがないわね〜。

病気と関係ない日常の話
ラベル:術後定期検診
posted by シロクマ at 12:39| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

定例通院

通院の話の前に。。。

くまモンテディベア、1500体限定発売、に参戦したんだけど、
見事敗れたわ。
みんなはやーい!!!
http://steiff.co.jp/SHOP/677595.html

ああ、欲しかったなあ。
そこそこ高価なものだけど、オットが買えばいいじゃんっていうから
やる気になってたんだけど〜。

☆☆☆☆☆

さて、昨日は3ヶ月ぶりの通院日。
確か3月に受診の後、別の日に胃カメラを受けたのよね。
で、例によって病理検査をしていたんだけど、
結果はいつも通り、潰瘍痕とのこと。
ま、予想通りね。
今回の胃の写真、今までの中で一番キレイだったかも。
いやー、のんびり生活するって素晴らしい!!

乳腺の方は、これまでは毎年5月と11月にCTとかマンモとか
一通り検査をしてたけど、
もう7年もたつしそろそろいいか、ってことで、
今年の5月は検査しない、って前回主治医と合意したの。
でもお約束のように主治医は覚えてないので(笑)、
「あれー、5月だけど検査、どうするぅ?」って。ほほほ。

5月の検査はパスしようってこの間決めたよ〜と言ったら、
じゃあ次の検査を11月じゃなくってちょっと早めにやろうね、
ということになったわい。
次回の診察は8月上旬なので、その時に採血だけしておいて、
9月かなー、検査。
普段より短い間隔で病院に行くことになるので、
そこでずっと飲んでる胃薬を一旦やめてみようと1人計画中。
3ヶ月間通院がないときにいきなりやめるのがちょっと心配なのよ。

その他、乾燥肌用のヒルドイドとか肩が痛いから湿布と塗り薬とか、
いつもの薬の他にいろいろ出してもらったら、
薬の袋が超でっかくって薬屋さんで照れたわ〜。

あ・・・、ついでに婦人科検診の予約してくるの忘れた。
やっぱりさ、心の奥で行きたくないのね、きっと!
来週電話しなくちゃ〜。

はいはい、バレエの話ですよ。
posted by シロクマ at 01:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

定例胃カメラ

3月、
結婚記念日のあとは初めて手術をした日がやってきて、
大震災のあの日を挟んで2度目の手術の日が過ぎてゆく。
術後7年、自分の平和な毎日に感謝しよう。

今週は年に1度の胃カメラだった。
去年は胃潰瘍で薬を変えたりしたけれど、
ここ数週間、すっごく調子よくって、
いっそのこと薬やめようかと思うくらい!
とはいえ勝手にやめると主治医にいやがられるのでちゃんと飲んでたけど。

そして、胃カメラよ。
もうね、胃潰瘍治ってたから。(笑)

今回も通常の倍、安定剤を打ってもらったにもかかわらず、
胃カメラ中記憶が途切れることは多分なかったのだが、
主治医が「あれ〜、ホントに治ってるねえ・・・」と。

そして「あー、やだな、この膨らみ。
見ると絶対調べたくなるんだよなあ・・・。
今年は調べちゃお。」と、
調べると「潰瘍痕」と出る膨らみをまた採取していた。
うちの先生、結構用心深いタイプなのよ。
(検査して儲けてやろうとかいう発想はないタイプ。勤務医だしね。)

終わってじゃあねと帰ってきたけど、
そういえば薬やめていいとかそういう話はなかったわー。
きけばよかったんだけど、多分ダメって言われるからな。
(胃炎な私は薬飲んでこの状態だよ、と言われるのよ。)

とにかく、去年「こりゃひどい」と言われた胃潰瘍は治った!!
オット曰く、「会社辞めたことが肯定されてよかったじゃん」と。
ホントよね〜。

そういえば、胃カメラ前に、
ケモしてた頃すごくお世話になったナースに久々に遭遇。
会社を辞めたと言ったら、
「いいよいいよ、治療してたときあんだけがんばった分のご褒美だよ」
と言ってくれたわ〜。
まああんまりがんばってたわけでもないんだけど、
今の生活を考えたら偉かったかもね、あの頃の私。(笑)
 
いつもながらオタク
posted by シロクマ at 20:17| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

6年半とちょっと検診

なんとまあ、12月になったのねえ。
すっかり寒くなっちゃったし、朝起きるのツライわ〜。
あ、いかん。
早くおせち料理の注文しないと〜!!

さて、先週金曜は術後6年半とちょっとの検診。
メニューは胸部レントゲン、マンモグラフィ、CT、エコー。
結果、問題なし。

血液検査は先月済ませていて、マーカーもいつも通り問題なし。
NCC-ST439については相変わらず基準値をぶっちぎってるけど、
高値安定なので無視。
というか、次回から調べるのやめちゃう〜?ということに。

エコーはいつも通り主治医自ら、で、ついでに触診とかもするんだけど、
私の術側の胸を見て、
「もう何年も経つのに形も変わらず元の位置にあるよね〜。傷跡もキレイだし。」
と自画自賛する主治医。

私は胸の先っぽの方からばっさり切っているので、
「ここにタトゥーで乳頭とか作っちゃえば、自然なんじゃないの〜?」
とか言っていたけど、私自身はもう今の胸を見慣れちゃったから、
そういう欲求はわいてこないなあ。
タトゥー入れたって、大きさの左右差があることに変わりないしね。
とりあえず、健側の胸が垂れていくことの方が問題よ・・・。

胃潰瘍の方は、前回薬を変えて痛みがなくなったのだけど、
このお薬、飲み始めて数日の間、なんとなーく気分が悪くなっちゃうのよね。
しばらくたつと平気にはなるんだけど、
痛みがないならいいか、ってことで元の薬に戻してみた。
(痛みがなくてもお薬なしっていう選択は私にはないらしい・・・。)
3月にまた胃カメラの予定。

そうそう、1月には年に1回の婦人科検診にも行かなくちゃ−。
2月も外科の診察があるし、
相変わらず、なんだかんだと病院に行く私であった。
術後6年半たって、再発等ないわりに、病院行き過ぎでしょ?
って我ながら思うけど〜。
ラベル:術後定期検診
posted by シロクマ at 21:19| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

定例通院

ここのところすっかり寒くなっちゃって〜。
今日は雨だし引きこもり。。。

さて、金曜日は3ヶ月に1度の通院日。
といっても乳がんのフォローが3ヶ月に1度なのではなく、
胃潰瘍だから薬を処方してもらわなくちゃいけないのよ〜。
私は乳がんも胃潰瘍も同じ先生に診てもらってるから、
まあどっちでもいいんだけどね。

3月の胃カメラ以来、ずーっと胃薬飲んでるけど、
改善したような気はあまりせず・・・。
空腹時、イライラ時にはもれなく胃がぎゅーっと痛むのよね。

ということで薬変更。
以前は長期投与不可で2週間しか出せないと言われた
ネキシウムという胃酸の分泌を押さえる薬が、
今は長期投与できるようになったということで、その薬を飲むことに。

薬とご縁が切れないわねーーー。
(ちなみに今はアレルギーの薬も飲んでいる・・・。)

あと、「変わりなくても検査はしとかないとね」と、
主治医が言い訳のようにつぶやきながらCTの予約を入れてくれた。
だから来月もまた病院へ行くのだ。

それから今回は久々に血液検査もやったんだった。
最近デブが悪化しており、血液検査もやばいかと思ったけど、
まー相変わらずどうってことなかったわい。
(マーカーは外注なので結果は来月。)
  
おたくの季節がやってきた。。。
posted by シロクマ at 20:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

術後6年とちょっと検診

4月は1度もブログ更新しないまま過ぎてしまった!!

もともと4月は仕事が忙しいんだけど、
うちの会社、今年はGWが9連休だったので、益々しわ寄せがね・・・。

今年は春の訪れが遅かったせいか4月になった実感もなく、
気持ちが乗らないまま4月のルーティンワークをこなすのは
なかなかキビシイ日々であった。

さて、本日、術後6年とちょっとの検診を受けてきた。
マンモグラフィとCTを撮り、外科にて乳腺エコー(by主治医)。
結果特に問題なし。
3月の胃カメラの際に行っていた採血の結果も、
NCCST439は相変わらず基準値超えで赤マークだったけど、
貧血もなく問題なし。

なんで貧血の話が出るかって、主治医の中で、
私は今や乳がんのことより胃潰瘍のことの方が気になる患者のようで。

もともとくたびれた胃袋を持つワタクシ、
時々「胃が痛い」とか「胃がもたれる」とか訴えてはいるけれど、
今年の胃カメラで覗いた胃の中は、久しぶりにひどかったのだそうだ。

病理の結果は間違いなく潰瘍で、がんの心配はなし。
ピロリ菌も陰性で、私の胃潰瘍の原因は「ストレス」。
まあ、ストレスの原因には心当たりは大ありだし、
思えば胃カメラを受けた3月頃は、先が見えずストレスMAXだったかも。

とはいえ私としては胃薬を飲んでることの効果がイマイチ実感できないんだけど
(もともと痛みに鈍いみたいでねえ・・・)、
薬やめたらきっとまたひどくなる、と主治医に言われ、
また7月に行くことになったのであった。

***

今年は満開の桜(ソメイヨシノ)とはご縁がなかったんだけど、
近所のしだれ桜はきれいだった♪♪
2012sakura2.gif2012sakura1.gif

そして3月生まれなのに5月に友人にもらった誕生日プレゼント☆
2012rose.gif
激しくピンぼけ・・・。
ラベル:術後定期検診
posted by シロクマ at 19:17| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

術後5年半の検診

米国で、アバスチンの乳がんへの承認が取り消されるんだってね。
日本では承認されたばっかりでしょう?
どうなのかしら、日本にも影響あるのかなあ。

***

先週、術後5年半とちょっと検診だった。

メニューは採血、胸部レントゲン、マンモグラフィ、首〜骨盤のCT、
そして乳腺エコー。

とりあえず、当日結果がわかる範囲では問題なし。
あとはマーカー待ちかな。
でも外科には3ヶ月後にしか行かないので、
来月婦人科検診の時に婦人科の先生に見せてもらおうっと。
(5年半たっても3ヶ月に1回外来なのか?って感じだけど、
多分、私、胃薬出してもらってるからだわ。笑)

10月上旬にノルバを終了した私だが、
その後すぐ、それまで3ヶ月ほど音沙汰なしだった生理がやってきて、
その次も30日周期くらいでやってきた。
なんというか、いきなりキッチリしてるわよね〜。

ノルバと同時に当帰芍薬散もやめていたのだけど、
今回の生理前、PMSのつらさをガッツリ味わい、
当帰芍薬散飲んでた間は、生理が比較的順調なときも
PMSなんてなかったなあ、と気がついた。

なので、しばらく薬は何も飲まない日々を過ごそうと思っていたけど、
やっぱり当帰芍薬散は飲むことにした。
(あ、胃薬も飲んでるや。年齢の割にくたびれた胃、と言われている。)

私はエコーも主治医にやってもらってるんだけど、
「少ししか残せなかったけど、
それでもちゃんと元の位置に形も整ったままあるし、
やっぱり、乳首残せなくても温存した価値はあったねえ」と、
エコーしながら主治医が言った。

確かに、胸元が開いた服を着たときに見えちゃいそうな部分は、
ちゃんとあるように見えるのよね。
(だから私は術前とほぼ変わりない服装をしている。)

私の場合、「温存」というイメージからはかけ離れているんだけど
(なにしろ元の3分の1残ってるかしらって感じ)、
補正も元々ブラに入ってるパットを術側に2個とも詰め込むだけで、
なんだかそれなりに見える(と、本人は思っている)し、
元々胸に全くこだわりのない人間だったのもあってか、
相変わらず再建したいとか思うこともなく過ごしている。

温存したのは親孝行の一環だったのだけど(詳細こちら)、
母に従っておいてよかったな、というところだね。
ラベル:術後定期検診
posted by シロクマ at 21:39| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

ノルバはちゃんと飲んでるわん

昨日、2ヶ月ぶりの外来。

前回は術後5年検査で採血もしたんだけど、
マーカーやエストラジオールは外注のため当日は結果出ないから、
今回、2ヶ月前の血液検査を見て主治医とお話。

注目点はマーカーのNCCST439の値が42だったこと。
(正常値は7以下)
でもね、CEAやCA15-3はいつも通り正常範囲で、
NCCST439は補助的なマーカーだから、あまり気にせず様子見ってことで。
(何しろ全身検査したばっかりだしね。)

それからもう1点。
ずーっと閉経ライクな数値だったエストラジオールが、148だったこと。

主治医に「タモキシフェンちゃんと飲んでる〜?」ってきかれたけど、
飲んでる飲んでる、マジメに飲んでるわよ〜。

エストラジオール値が上がったこととNCCST439が上がったことを
直接的につなげて考えてはいないけど、
しばらく間をあけてまた検査してみようね、とのこと。

私も特に異論なし。
NCCST439は意味なく上がることもあるとも聞くし、気にしてもしょうがないもの〜。

あ、そうそう、主治医は別に気にもとめてなかったけど、
ヘモグロビン値が久しぶりに正常値を切ってた。

でも私は元々軽〜く貧血気味だったので、元に戻っただけって感じかな。
生理があると、やっぱり貧血になるんだわねえ。。。
(3日くらいで終わるくらい量は少ないけど!!)

ちなみに、ノルバを処方してもらうのは今回が最後となる。

私は9月までと思ってて、主治医は10月までって言ってたんだけど、
カルテを見たら10月7日からホルモン療法開始してたから、
10月6日まで飲むことで合意した。(笑)

ぼーっと続けてきたホルモン療法も、いよいよ終わりが見えたわね〜。
長かったともあっという間だったとも思う、そんな5年だわ。
posted by シロクマ at 22:40| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

時短勤務

今日もまた、さんさんと太陽が降り注いでるねえ。
いっぱい洗濯できて嬉しいけど。。。

今年は節電のため、冷房の設定温度が上がっているオフィス。
でもこの間半袖で仕事してたら、やっぱりちょっと寒かった。
たまに暑いなーと思って汗かくこともあるけど、
やっぱりこの夏も七分袖のカーディガンが欠かせないなあ。

まあ、そんなこと言ってるのは私だけ。
オフィスにはノースリーブな女子、首に保冷材を巻いた女子が溢れている☆
300坪とかあるらしい広い広いフロア、きっと温度ムラがあるんだと思う。

***

さてワタクシ、水曜・金曜とルグリのガラを鑑賞。

ルグリ、万難を排し来てくれて本当にありがとう。
初日のカーテンコールで、出演ダンサー達にバラを1輪ずつ配ったルグリ。
熱い気持ちが感じられるよね〜。

でも、Aプロの1幕は寝ちゃった、ごめんなさい。
毎朝5時半起きの身に「ホワイト・シャドウ」はつらかった。
ルグリが舞台上にいても耐えられなかったわ。(笑)

オネーギンの感動は言わずもがな。

お初の木本くんはよいね〜♪♪
つま先がとってもキレイだし、日本人もついにここまで、と思うようなスタイルだし。
何よりも、彼の踊りを見ていると自然と顔がほころんでしまう、
そんな魅力を持ったダンサーで、これからとっても楽しみ。
これからもルグリにしっかり指導してもらっておくれ〜。

ちなみに私がなぜ5時半起き生活になったかというと、
時短勤務から通常勤務に戻ったからである。

世間的にはありえないくらいのんきな話だと思うが、
私は、2006年12月に復職してからの4年半、
ずっと朝1時間遅参の時短勤務だったのだ。

面談してもらってる産業医の先生がたまたま
乳がんの治療経験もある外科医で、
ホルモン療法で苦しむ患者さん達を見てきた方だから、
私にも「だるくて当然、無理するな。細く長く働きなさい。」
と言って下さってたのね、ずっと。

ノルバはまだ秋まで続くので、産業医先生は
「ノルバ終わるまで時短でいいじゃん」と言って下さったけど、
私は基本的に寒いより暑い方が体が楽なので、
生活を変えるなら夏だわ、と7月から通常勤務に復帰、
朝5時半に起きて夜12時前に寝るまで、
余白のない毎日を過ごしているのであった。

まあ、朝の電車は座って寝てるんだけどねー。
最初の数日は、久々のラッシュに慣れなくて眠れなかったけど。(笑)

一応、会社に近い方面に引っ越すことも視野に入れつつ、
長きにわたった時短生活のご恩を返すべく、働かないとーーー。
posted by シロクマ at 13:09| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

術後5年とちょっと検診

なんか、東京も梅雨入りしたそうじゃないの〜。

花粉が飛ぶ時期は外に干せないからと、
冬のニットが洗濯してないままたくさん置いてあるのになあ。。。

さて、金曜日は午前中会社、午後は検査で病院、夜は上野でバレエという、
おばかさんなスケジュールの1日。
さすがに疲れたわ・・・。

術後5年とちょっと検診のメニューは、
採血、マンモ、胸部レントゲン、首から骨盤までのCT。
あと、診察の際に主治医にエコーもしてもらう。

マンモってさー、座って撮るようにできないのかしらね??

あまりにもギュッと挟まれるから、なんか体全体が引っ張られる感じで、
「息を止めて〜」って時に体がゆら〜っとしちゃう気がするんだよね。
まあ毎回キレイに撮れてるから、揺れてないんだろうけど。

検査結果はいつも通り当日発表、今回も問題なくクリア。
淡々と、日々を重ねる私である。

あ、採血が当日だと、マーカーとかエストラジオールとかの数値は
間に合わないのよ。(外注らしい。)
次回診察は2ヶ月後、その時に今回の結果をきくことになるわけだけど、
エストラジオールなんて2ヶ月前の数値を知っても「ふーん」って感じなのよね。

最近、生理は40〜50日間隔できてはいるけど、すごーく量が少なくて、
なんかもう閉経します??って感じ。
ノルバが影響してるのかもしれないけど。

そのノルバは秋までで終了の予定。
その後はまた、変化あるのかもしれないわねえ。。。
ラベル:術後定期検診
posted by シロクマ at 15:03| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

リンパ浮腫のスリーブ

初めてリンパ浮腫用の弾性スリーブを着用してから、もう2年以上になる。

仕事する時に(ずっとPCに向かってる)スリーブをしてないと、
腕が重だるーくなり、鈍い痛みが出てしまうので、
今や私の会社生活にスリーブは欠かせないものとなっているのだ。

人によっては半年くらいでダメになるらしいけど、
私のスリーブはもう2年くらい前のもの。
(私は3本持ってるから、1本当たりの使用回数は減るわね。)

ここ最近、なんだか一気にボロくなってしまい、
かなーりみすぼらしい状態になっていたのだが、
リンパ浮腫でかかっている病院に予約の電話をするのが面倒で、
ついつい先延ばししまくり、ようやく今日、行ってきた。

久しぶりにお会いする先生、「ご無事で何よりです」って、
言われてみればここは癌患者が患者の大半を占めるクリニックなのだった。

「特に状態は変わってません」と腕を見せたら、
ひと目見て「ああ、やっぱりここがふっくらしてますねえ」と、
肘の上の部分を指摘される。

採寸したら以前より少し太くなっているとのことだけど、
私のリンパ浮腫は、治療する立場の先生から見たら
「十分いい状態に持って行けた」っていう状態なので、
まあまあ、これ以上悪くならないように、がんばってキープですね、と。

ちなみに私のスリーブはメディアーム95の圧迫力2、Sサイズである。
これまでと同じスリーブ、同じサイズを今回も購入。
(Mサイズも1つ持ってるけど、SとMではだいぶ締め付けが違う。)

保険が効くのは半年に2本なんだけど、1回着用したら洗うから、
2本だと毎日のように洗わなくちゃいけなくて面倒★
ということで、保険適用で2本、自費で1本の計3本購入。

保険適用って言っても、一旦全額支払って後から保険請求するので
ほんのちょっとだけ面倒だけど、2本分で1万2千円くらい戻ってくるからね〜。
月曜に会社に行ったら早速手続きしようっと。




ラベル:リンパ浮腫
posted by シロクマ at 21:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

毎年恒例医療費控除

2010年分からはもう、医療費控除申告はしないんだろうなー、と思ってた。

2009年10月でゾラを終了したので、
2010年からは医療費が10万円を超えることはないだろう、と。

でも一応計算してみたら、諸々含めて13万ちょっとだったのよ。

まあ還付金は微々たるものだと思うけど、
私、基本的にこういう作業が好きなので(笑)、
とりあえず申告書類を作成したらば、還付金、6,400円だって〜☆

ちなみに去年は38,000円、一昨年は39,800円、更にその前の年は40,500円だった。
やっぱりゾラがないと、全然違うわね!

まあ、6,400円とはいえ、せっかくだから申告しようかな。
税務署はオットの通勤の途中にあるから、
時間外投函箱に放り込んできてもらえばいいしね。
(自転車から降りる必要もないわよっ。)

そういえば、今年の9月くらいでノルバ終了の予定だから、
2011年分からは、今度こそ、医療費控除申告なんてしなくなるわね!!
posted by シロクマ at 23:47| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

術後4年半検診

金曜日は術後4年半とちょっと検診だった。

いつもと同じくマンモ、胸部レントゲン、頚部〜骨盤のCT。
先月採血したのでその結果も。

で、特に問題なし。

血液検査では相変わらずNCCST439だけ基準値超えだけど、
まーいつものことだからね。

それから女性ホルモンのエストラジオール、
数値的には閉経状態のまま。
FSHはこれまでも高くなったことはなく、これも低いまま変わらず。
(FSHは閉経だと高くなるんだよね?)

4年半ぶりに生理がきたあと、
また2ヶ月くらい音沙汰なしだったんだけど、
ちょうど病院行った日に生理がきて、主治医にもそう言ったら
「まー、安定してないってことだねー。」と。

ノルバも飲んでるし、すぐにキッチリってわけにもいかないだろうけど、
安定しないと温泉旅行とか計画しづらいわ〜。
(平和な悩み・・・)

あと、HDLコレステロール(善玉)が相変わらず高い。
最近、LDL/HDL比ってよく話題になるでしょう?
基準値というのがよくわからないんだけど、
ネットで調べた感じでは「2.0未満がよい」みたいな感じ??

その、私の今回の数値は「1.0」。
っていうか、HDLの方がLDLよりやや多い。
四捨五入してあるのね。

善玉が多いことは問題視されないことが多いけど、
調べてると「悪玉を回収しきれてないから」とかいう話も
出てるんだよね。

でも、主治医にいつも言われるのは
「悪玉も多くないし、中性脂肪も多くないから気にすんな」
なのだ。

まあ、そういうことにしとこうね。それが平和だからね。(笑)

あ、でも今回、中性脂肪が93で結構人並み?
私、50位が普通だから、やっぱりダイエットかしら・・・。

どう考えても、運動不足だし〜。
大層なことはできないけど、散歩くらいはしようっと。

オットが「暇になったら一緒に散歩してあげるよ」と言うけれど、
彼が暇になる日はいつ訪れるのだろうか・・・??

早めに問題解決するといいけれど、
なかなかの難題であることはわかってるので、
期待せずに待つべし〜。
posted by シロクマ at 21:26| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

術後4年の定期検診

今日は術後4年の定期検診。

メニューは採血、胸部レントゲン、マンモグラフィ、
そして首から骨盤までのCT。
3月末の診察の際に乳腺エコー(by 主治医)は実施済。

採血もCTの造影剤入れるのも、手の甲から。

って、それはいつもそうなんだけど、
今日は同じ血管で、1センチくらいしか離れてないんですけどっ。
もうここしかない、ということのような気もするが・・・。

でも、どっちも1発OKでよかったよかった。

そして今日ももちろんパット入りのキャミ&金具のない服、
レントゲンやCTはパーカーをするりと脱ぐだけで楽ちん。

マンモは上半身脱がなきゃだから、めんどいなーと思いつつ、
キャミ2枚まとめてムニッと脱いだら、
入れてたパットがぼよよーんと両胸とも飛び出てビックリ。(笑)

どーせふわっとしたワンピを上に着てるし、と、
CTとか診察とか、パットなし、つまりノーブラ状態でGo!!
でもね、いつしか自分がノーブラなことすら忘れてしまったわよ。
私の右胸がかなりぺたんこに近いことなんて、だーれも見てないわね。(笑)

で、いつも通り検査結果は即日。
特に問題ナシ。

CTでは小さい子宮筋腫がポコポコ写ってたけど、
それはまあ婦人科でフォローしてもらうからね。

あと、血液検査は外注の項目もあるので、今日は一部のみ。

最近お菓子いっぱい食べてるから少しおびえてたんだけど、
中性脂肪は44、悪玉コレステロールは90くらい?だった。
これはやっぱり、体質なんだろうね。

しかしこのぶよぶよのお腹を見る限り、
私の脂肪分はやはり、血液中でふらふらせずに、
とっととお腹の皮下脂肪になってるんではないかと思うわ・・・。

今回ちょっと楽しみだった女性ホルモンの値と、
あと腫瘍マーカーは次回に持ち越し。

でもさー、7月まで外科には行かないから、
来月、婦人科検診の時に婦人科の先生に教えてもらおうかな。
(婦人科の予約が6月何日なのか全然おぼえてなくて、
外科の主治医に婦人科の診察日を教えてもらったのは私である。笑)

ちなみに、最後にゾラを打ったのは2009年10月末。
今のところ、生理が戻る気配は全くない。

ノルバ飲んでる間は戻らないかも、とも言われたことあるし、
私の場合は抗がん剤で生理が止まった状態で
追い打ちをかけるようにゾラを打ったという経緯もあるし、
どーなるんだろうねえ???
ラベル:術後定期検診
posted by シロクマ at 23:03| 東京 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

楽勝☆

今日って、ちょっとあったかくなるんじゃなかったの?
でも全然あったかくないじゃんっ、寒いじゃんっ!!

もうアタシ、寒いのやだよー。ツライよー。
玄関を占拠してるブーツも、一向にしまえる日が訪れないよーーー。
ガス代も、ずっと1万円超えてるよーーー。(床暖房ね。)

明日から4月だよ。
いい加減あったかくなってくれ〜。。。

+++++

今日は、年に1度の胃カメラだった。

前回の診察の時に予約を入れたんだけど、その時主治医に
「もっとうっとり寝かせて」とお願いしたの。

でもね、きっと主治医はそんなこと忘れてるに決まってるので
(もう4年以上のお付き合いよ、バレバレよ。笑)、
主治医の顔を見て最初に
「先生、安定剤多くしてくれるって言ったよね!!」と念押し。

いつもの量じゃ全然眠れないの〜?って言われたから
「全然。全く。」と強く主張。(笑)
だってホントに一瞬しか効かなくて、
胃カメラ入れた不快感で一気に覚醒しちゃうんだもん。

針が安定しなくて(細いとこに刺すからね)3カ所刺されたけど、
私は安定剤入れるためなら10回刺されてもいいわよ。(笑)

で、多めにしてもらったおかげで、
最初のカメラ飲むときの不快感はあったんだけど、
その後は記憶ナシ!!
気がついたらワタシ、胃カメラくわえてなかったわ。(笑)

いやーんもう、楽勝じゃーん?(と言っていいのか?)

内視鏡室出るときに
「先生、快適だった〜♪」って言って出てきちゃったもん。

主治医曰く、今日の薬の量は
「お年寄りだったら心臓止まっちゃうかもしれない量」だそうだ。(恐)

「まあ楽だったなら、まだしばらくは毎年この量でいいかな。
すごく体重が減ったりしたら別だけど。」とのこと。

今回、胃カメラを受けるようになって初めて、組織を採らなかった。

毎年調べてた潰瘍痕(?)は相変わらずあるんだけど、
変化してないから今年は採らなかったって。
でもそのかわり、年に1回胃カメラやって経過見ようね、と。

はいはい、今日みたいに寝かせてくれるなら、
毎年やるわよ、胃カメラちゃん。(急にちゃん付け)

ちなみに、終了後しばらくソファで休憩なんだけど、
看護師さんが様子を見に来て「あれっ、もうしっかりしてる!
倍の量入れたから倍の時間休憩してもらおうかと思ったんだけど、
大丈夫そうね。」と早々に解放された。
倍かよーーー、と、我ながらちょっと引いた。(笑)

で、今日は胃カメラの後に、乳腺エコーもやってもらった☆

前回の診察のときにふと「長いこと傷跡見てないな」
って思い出したらしいんだけど、私がものすごく厚着だったから
「今日は重装備そうだからいいや」と言われたのよ。(笑)

術側の胸の形が手術直後とは変わったねーって言われたけど、
自分ではわからなーい。
あんまり気にしてないからなあ。
外科医的には自分の美学に則って形整えてくれたのかもしれないけどねえ。
いかんせん、ほんの少ししか残ってないしねえ。

まあそんなこんなで次回診察は5月。
術後4年(とちょっと)検診も兼ねてだよん。
ラベル:胃カメラ
posted by シロクマ at 18:08| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

ふと気づいたら

んあ〜。目の縁がかゆい。

今年は花粉が少ないそうで、そのせいか、全体的にすごく楽。
薬は年明けからずっと飲んでるけどね。

あと、用心して洗濯物は外干し禁止中。
乾燥機大活躍。

でも、昨日みたいにあったかくなるとさすがに、
目の縁とか耳の中とか鼻の中、そして顔もかゆくなる〜。。。

さて昨日、美容院に行った帰りに伊勢丹に行ったら、
サダハル・アオキさん(アオキサダハルさん、じゃいかんのか?笑)が
ショップにいらしたわ〜。

ホワイトデーまでは、日本が稼ぎ時なのかしら。

で、別にアオキさんがいらしたからというわけではないのだけど、
シトロネット(レモンピールのチョコがけ)購入。

100306_package.gif100306_cironette.gif

んま〜いっ!!
私、いっぺんに1箱いけちゃうと思う。
オランジェットも好きだけど、シトロネットはもっと好き♪♪

で、一人でコーヒー飲みながら悦に入っていたら、ふと思い出した。
(ホントはしつこくオリンピックのこと書こうと思ってたんだけど。笑)

今日、3月6日は私の1回目の手術の日じゃないか〜。

あっという間に4年よ。はやいわあ。
年は確実に取ってるけどね。(笑)

それからもちろん、オットは忘却してる模様。

っていうか、いないのよ。
用があって実家に行ってる。(ホントにいい息子だ・・・)

なので、今夜は一人で乾杯しようかなー。
ピッコロサイズのシャンパンでも買ってきて。

・・・でも寒いのよね〜。
外出たくないなあ。
このまま引きこもっちゃおうかなあ。。。
ラベル:術後何周年
posted by シロクマ at 14:44| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

産業医面談(09年9月)

9月も終わり、ということで、
半年ぶりに産業医面談に行ってきた。

「まだホルモン療法続いてるんでしょ〜?」
と言われたので
「そうなんですけど、今月で丸々3年ゾラ打ったので、
もうゾラやめちゃおうかなーと思ってるんですー。」
と、ご報告。

報告っつったって、
まだ肝心の主治医に言ってないんだけどね。
(先日の診察の記事には、5年やることにしたって
書いてるぞ、私っ。笑)

5年やろうかとも思ったけど、もう十分疲れたし、
って言ったら、産業医先生は
「エビデンスがないんだったら、僕なら、
よりしっかり目の治療を選択するけどなー。」と。

主治医の先生はどういってるの?
製薬会社のMRはなんて言ってるかきいてもらった?とも。

そしてカルテに一応書いてある病理結果などを振り返り、
「リンパ節転移は1個か・・・。
やっぱりね、シロクマさんの場合気になるのは年齢だよね。
ホルモン強陽性なんだったら
それだけホルモン療法がよく効くってことだから、
ゾラやめるかどうか、
もう1回主治医の先生とよーく相談してごらん。」だって。

ががーん、産業医先生、ゾラ終了に否定的。(笑)

まあ、産業医先生は、乳腺については
最新の知識をお持ちなわけではないからね。

あと、基本、医者が患者に「あなたが決めていい」
っていうのはあまりお好みでないのよ。

主治医と産業医先生では世代が違うってのもあるかもなー。

まあとりあえず、私はゾラをやめるつもりなので、
体調も様子見ってことで今回は3ヶ月、
時短勤務を延長ということになった。
(いつもはどーんと6ヶ月延長だったのだ。)

年末にまた、産業医面談だわん。

そうそう、余談だが、産業医先生は、
かつて乳腺も診てた頃、
ゾラを打つ前に局所麻酔を打ってたそうだ。

なので私が「そんなの一切ありません。」と言ったら
「そうなの〜?あの針をそのまま〜??」とうけていた。ほほほ。

オットに産業医先生のゾラ終了に関する見解を報告したら、
「そうは言われても、もうボロボロでしょ。」と。

うーん。
ここのところ、仕事が忙しかったこともあって、
体力ないのを実感する日々なのよね〜。

オット的には「仕事かゾラかやめたら?
両方やめてもいいんじゃない??」みたいな感じ。

ただ、仕事は10月に入ったら楽になるはず。
(っていうか、10月1日に間に合わせるものが多かったので、
もうピークは過ぎた。)

疲労度もかなりマシになりそうだから、
10月の診察の時には「やっぱりゾラ続けるわー。」
って気になってるかもしれないわね。

ああ、優柔不断★
posted by シロクマ at 21:54| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | びょーき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする