2007年09月23日

抗がん剤を決めた経緯は?

今日は静岡からほっこ君を迎えてのオフがあったのだけど、
レポは明日以降に書きま〜す。
今日は書きかけてた記事を先にアップ☆

*************************

先日の放射線科での診察のあと、
放射線に通ってた際にお世話になってた看護師さんに
「ちょっとききたいことあるんだけどいい?」と言われて、
はいはーい、と別室、というかシミュレーション用のCTのある部屋へ。

で、「シロクマさんは放射線の前に抗がん剤したのよね、
抗がん剤するっていうのはどういうふうに決めたの?」と。

ここの病院では、ケモも放射線もやる場合、放射線を先にやるらしい。
(私はケモが先だった。)

今、放射線に通ってる患者さんで、ケモをやるかどうか
「自分で決めていいよ」と先生に言われて、
すごく迷ってる方がいるのだそうだ。

なので、私も主治医から自分で決めていいと言われたこと、
リンパ節転移は1個だったけど、年齢のこともあるし、
1.5センチにも満たない小さなしこりのくせに転移してた、ということもあって
自分の中ではずっと「やる」という方向で考えていたこと、
また、決め手は主治医に「もし私が先生に全部お任せするって言ったら、
先生抗がん剤やりますか?」ってきいたら、主治医が「やるね!」
と即答したことだったこと、などなどお話ししてきた。
  
副作用は恐いし、仕事を続けられるかどうかもわからないし、
そうなったらお金のことだって心配だから、
抗がん剤をやるって決められない、とその方は言っておられるのだそうだ。

そうだよねえ。心配事は尽きないよね。。。
なにしろ未体験ゾーンだものね。。。

私はとにかく、先々何かあったときに、
「あの時、やる道もあったのにどうしてやらなかったんだろう」
って、後悔するのがいやだった。

また、抗がん剤の副作用よりも、
体にがん細胞が残っているかもしれない、と思うことの方が恐かった。

でも、それは私の価値観であって、性格とか経済的なこととか
いろいろ、人によって状況は違うので一概にはいえないもんね。

まあそのほか、抗がん剤は1回自己負担4万円くらいだったとか、
やるって決めてすぐ髪をショートにして、ショートのヅラを買ったとか、
1回目の投与から2週間弱で髪が抜けたとか、
きかれたことにベラベラと答えてきた。

看護師さんも、外科とか腫瘍内科ではなくて放射線科の人だから、
放射線以外の「がんの治療」に、あまり詳しくないんだよね。

以前も、腕の浮腫みのことについて患者さんにきかれて、
よくわからなそうに話をしているところに遭遇したことがある。

でも、なんとか力になりたいと思って、
経験者の話をきいてみようと思ったそうだ。

「この話を本人に一緒に聞かせてあげたかった〜」と言っていた。。。

外科でかかっている病院だったら、機会をみつけてお会いする、
ってことも比較的容易にできそうだけど、
私、ここの病院は半年に1回しか行かないからなあ。
(まあ近いんだけど・・・。)

本当はそういうことを相談できるシステムが、 院内で整ってるといいんだよね。

精神面のケア、ということで心療内科とか精神科に、
というのでもいいのかもしれないけど、
もっと気軽に、治療にまつわる様々なことを全般的に相談できるシステムが、ね。

それにしても「やってもやらなくてもいい」っていうのは、
実に悩ましいよねぇ。

でも結局、治療に関しては、本人が選択していくしかないんだ、
というのはこの病気になったらみんな、感じることではないかしら。

その選択が「私は主治医に全部お任せ」とか「家族にお任せ」でも
それは構わないのだ。

自分が納得できればそれでヨシなんだよね。

お顔も名前もわからないけれど、その患者さん、
どうか、よき道が開けますように。。。
posted by シロクマ at 01:36| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
患者会はないの??
患者会だけじゃなくて、もうちょっと広いやつ(なんだっけ、あけぼの会とか)を紹介してあげてほしいよね。
私はさ〜そういう迷いを患者さんの負担にしたらいけないと思うのよ。
患者さんが同じ病期であっても、性格とか社会的状況とか違うじゃない。だから治療がある程度オーダーメイドになるわけじゃん。悩んでいることに解決の手助けを医療側がしないといけないと思うのだけど。
それともう1つ疑問は、シロクマちゃんが手術してケモした病院の放射線科のナースなんでしょ?どうして外科のナースと連携が取れてないんだろ。フツーは顔見知りだし、話はできるし、情報は得られるはずよ。私に言わせれば、仕事してないのと同じような気がする。パートなのかな?いずれにしても勉強不足よ。
まあ、先回りして心配ばかりする患者さんはなかなかそういうこと決められない人が多いよ、どうしようどうしようって。納得とか程遠いかもしれない。
シロクマちゃんの言うとおり、自らの選択に後悔しないようにするだけよね。
Posted by y-maki1107 at 2007年09月23日 06:41
>まきちゃん
オハヨー。
うんとね、私、放射線だけ別の病院なの。
だから、この病院内で患者会があるのかとか、外科と放射線科の連携がどうなってるのかとかはよくわからないんだけど、この看護師さんが勉強不足だっていうのは当たりだと思う。
私のお世話になってる病院の外科の看護師さん達は、もっと専門的な立場からサポートしてくれるけど、この放射線科の看護師さんには専門家として物足りなさを感じる。
放射線科で、いろんな患者さんが来る科だから仕方ないのかなって思ってたけど、例えば乳がんの患者さんは、ものすごくたくさん放射線を受けに来るんだから、放射線科のナースでも、その他の乳がん治療についてある程度の知識を持とうと思うのが自然だと思うんだけどね。
そこまで求めちゃいけないのかな〜って諦めてたけど、医療者側のまきちゃんのコメもらって、やっぱり、放射線科ナースも勉強は必要だと再認識。
あと、私のメイン病院はリニアックのないような規模の病院だからナースの個々の対応でもいけるかもしれないけど、この放射線で行ってる病院はだいぶ規模が大きいから、医療コーディネーターっていうのかしら、そういう専門窓口で対応してくことを考えて欲しいな〜。
まあ予算的に厳しいかとも思うけど…。
Posted by シロクマ at 2007年09月23日 09:23
規模の大きい病院ならなおさらだね。
思うのは、きっとこのナースさん、仕事ができなくて、重要なところに置けない人のような気がするわ。どういう仕事にもいるわよね、そういう人 笑
医療コーディネーターなんて仰々しい名前要らないから、隙間を埋める努力をしてほしいよね、勉強するとか、ちょっと聞いてみるとか(もしその病院で治療してるならたとえば看護師さんとかに)。
ま、とにかくその患者さんがちゃんと悩んで自分なりに納得した答えを出してくれるのを祈るのみね☆
Posted by y-maki1107 at 2007年09月23日 11:25
私の場合はやっぱり主治医から抗がん剤の選択を委ねられたの。
腫瘍は2.3cm、リンパには転移がなかった。
2cm以内だったら必要なかったときっぱり言われた。
年が若ければ抗がん剤をしてもいいかもしれないけど、
もう更年期に入る年だからと主治医も決めかねていたの。
私は抗がん剤を受ける選択はしなかった。。。
でも、シロクマちゃんと同じように、自分で決めたことだから後悔はしないと決めたの。
後悔は自分を鬱にするだけで何のメリットももたらさない。
だけど、少し知識を得た上で今があの選択の時ならば、抗がん剤をしたと思う。
ごめん、あの時はもう死んでもいいと思ってたの(@_@。
今はそんなことないよ♪長生きしちゃうもんね♪
Posted by saki at 2007年09月23日 13:34
私の場合・・。
年齢的なことと、リンパにも転移があったことで
最初から主治医に抗がん剤はやりましょう!と言われていました。
やるかやらないかの悩みはなかったけど、術前にするか術後にするかっていうところで悩みましたね・・。結局、小さくなるかもわからない(大きくなるかもしれない)シコリと一日も早くさよならしたくて手術を先にすることにしたんですが、いろいろ勉強してきて、今思えば、術前にやって効果を確かめながらやったほうがよかったんじゃないかなって思うこともあります。
でも、自分がその時思って決めたこと!!後悔はしない!!自分が選んだ道が正しい道を選んだと思いたいです!
その人も自分の後悔のないようにうまく決心できるといいですね☆
Posted by はな at 2007年09月23日 15:29
こんにちわ♪
確かに少なからずパニクル中で、この病気選択することが多いと感じました。
私も選択肢が少ない中でさえ半ば勢いで決めたとこも
ありますが、やらなかった後悔の方がコワイと思った
んですよ。 
それにしても、窓口となる看護師さんがもっと
踏み込んで知ってもらいたいって、私も思う〜〜
Posted by りんごJAM at 2007年09月23日 16:44
>まきちゃん
ううっ、この看護師さんねー、優しいんだけど、やる気はあんまりない人かも・・・。
放射線科って、基本的にメインになって患者さんを診るところじゃないから、
やっぱそういう人選だったりするのかなあ。
この看護師さんの場合は、勉強する時間いっぱいあると思うけどさ、
科によっては忙しいわけじゃない?
だから、看護師さんが対応できなくても1つの窓口に話をつないでくれる、
っていう形になってればいいのになあって思ったよ。
まあ私はそういうの、利用しない患者だったと思うけど。(笑)
Posted by シロクマ at 2007年09月23日 18:37
>sakiさん
sakiさんも、抗がん剤の有無の選択、ご自分でだったんですね〜。
3ミリ大きかったことでずいぶん悩まされるんだから、たまりませんよねえ。
でも、主治医先生も迷うくらいの、ボーダーラインだったってことですよね。
私の場合、主治医の気持ちは決まってたみたいで、それが自分の気持ちと一致してよかったですけど、やらないって言ってたらどうなってたのかなあ。。。
でもホント、後悔なんて、してもいいことないですよね。
振り返ってばかりでなく、前を向いていきたいですよねー。
大丈夫、sakiさん、これからも楽しいこといっぱいあるから、免疫アップで長生きだよ〜☆
Posted by シロクマ at 2007年09月23日 18:43
>はなちゃん
そうか〜、術前にするか術後にするか、そういう悩みもあるんだねえ。。。
確かに、効果が目に見えてわかる術前も魅力的ではあるけど、
がんが体にあるのをわかってて残しておくってのも、勇気いるよね。
ホントにね、後になって知識も増えて、いろいろ思うこともあるけど、
あの時の自分が一生懸命考えて決めたことだから、自分自身が支持してあげないとね!!
ほんと、この患者さんも、落ち着いて選択ができるようになってくれるといいなあ。。。
Posted by シロクマ at 2007年09月23日 18:49
>りんごちゃん
こんばんは☆
選択しなきゃいけないことがいろいろあって、病気にビックリしてる場合じゃない、みたいなとこあるよねー。
やらなかった時の後悔が怖い、って同じだわー、りんごちゃん。
りんごちゃんも予防線張るタイプなのね!!ふふふ。
放射線科って、微妙な立場なのかもしれないけど、1患者である私が知ってる程度のことは
知ってて欲しいなあってのが本心。
お医者さんにはきけなくても、看護師さんにならきけたりすることもあるんだしね!!
Posted by シロクマ at 2007年09月23日 18:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56705517
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。