2007年09月03日

間に合わなくてごめんね

日曜日の早朝、叔母が亡くなった。
いっぱい泣いたけど、まだどこか信じられないような気持ち。

肝臓がんで闘病中だった。

でも、がん発覚時に余命3ヶ月と言われたけれど、
1年半以上もがんばってくれたのだ。
なんだかこのままずっと、大丈夫なんじゃないかと思ってしまう程だった。


土曜日、長姉からメールがきた。
「私、今、○○空港。周りの人がみんな方言で不思議な感じ〜。」と。

その時点では、そんなに危ない状態ということではなく、
そろそろ会いに行っておいた方がいいのでは、と、
「同窓会で来た〜。」とウソをついて会いに行ったらしい。
長姉は大学まで九州にいて、家族と離れていたこともあり、
この叔母に最もお世話になっていたし。
  
メールを見て、なんだ、誘ってくれればよかったのに、と思ったけれど、
まさか、亡くなるなんて夢にも思わなかった。
それは長姉も同じだったはず。

でも、思いがけず叔母を看取ることになったのは、
やっぱり彼女は叔母と縁が深かったということかもしれない。

叔母に会えなかった次姉と私にとっても、
長姉と、金曜から向こうに行っていた母が最期に立ち会えたことは、
ちょっと救いではある。。。

3ヶ月と言われたところを、1年半以上もがんばってくれたのに、
会いに行かなかった自分が情けない。
もう、髪も生え揃ってずいぶんたったのに。 。。
母がなんと言おうと行けばよかったのに。。。

私が30歳になった年に、1日叔母の家にお世話になった際、
「そういえばシロクマちゃん、30になったろう?はっはっは。
あんたは若く見えるけん、よかよか!」と
いたずらっぽい顔をして笑っていた姿が思い出される。

最後に会ったのは3年前の祖母のお葬式。
あの頃は叔母も私も、自分ががんだとは知らずにいたんだなあ。 。。

明日、告別式に参列してくる。

母には来るなと言われたけれど、生前に会えなかった分、
告別式くらいは行きたいの。
会いに行けなかったことを叔母に詫びて、
そしてきちんとお別れしないと。
posted by シロクマ at 09:53| 東京 ☁ | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック