2007年03月16日

ちょっとジレンマ

私には、今、肝臓がんで闘病中の叔母がいる。

発見時、既にかなり状態が悪かったので、
かなり短い期間の余命宣告をされたのだが、
幸い、治療が奏功し、もう、当初に宣告された期間の何倍もの期間、
時々治療の都合で入院はするものの、
基本的に自宅で過ごすことができている。

今は、現状維持(とはいえ発見時よりは腫瘍は縮小)、という感じで、
抗がん剤治療を受けているらしい。

でも、自宅で過ごせるくらいの状態を保ってるのだから、
病気発覚後の印象からしたら、治療はわりとうまくいっていると
いっていいのではないかと思う。
もちろん、よくなったらもっと嬉しいのだけど・・・。

叔母は母の妹なのだけど、とっても楽しい人で、
私たち姉妹もとってもかわいがってもらった、大好きな叔母である。

本当は、お見舞いに行って、
同じ抗がん剤治療というものを経験した者として、
ざっくばらんに叔母と話をしたい。
もちろん、叔母に心配をかけるのは本意ではないけれど、
少しでも、分かち合えるものがあるんじゃないかと思うから。

でも。

母はどうも、私の病気のことを、親戚に知られたくないらしい。
(これは、姉達も「多分そうだと思うよ」と言っている。)

私たち一家は東京に住んでいるわけだが、この叔母も含め、
親戚のほとんどは、とある地方都市に住んでいる。
物理的「距離」が、母の秘密を守ってくれている。

私としては、母の気持ちも尊重しなければならない、と思う。

でも、叔母のお見舞いに行ったときに、本当のことを言えないのも、
ちょっと辛くて寂しいなあ。

叔母は、私の病気、知らないほうが、いいのかなあ。

私の体調がよくなったら、お見舞いにいきたいなと思ってるのだけど、
ちょっと、ジレンマなのであった。。。

ふーっ。
金曜の夜って、嬉しいねえ。
でも今週も疲れた〜っ。
今夜はドラールで爆睡よ〜っ!!
posted by シロクマ at 22:07| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大好きなおばさんと 話したいってきもちよくわかるよ。 お母さんの気持ちもわかるしな〜でもおばさんがこの先 状況が厳しくなって はなしもままならなくなる時が来たら 後悔しないかな?? 
 わたしも 地方に住んでるじゃない〜んで近くに住んでる親戚いっぱいいるんですよ。。半々ぐらいかな。。夫関係の親戚は 夫の母親が話したから知ってるし 私の関係の親戚は兄弟ぐらいですね。。
 わたしね、昨年暮れに 元の同僚が胃ガンで亡くなったんです。 お見舞いに行こうと思いながら、もう少ししたら行こうと思ってたのに あっという間でした。時々後悔するの 同じような病気になった私だから かけられる言葉が合ったんじゃないかって・・・でもうまく言えないんだけど 自信がなかったしまだ大丈夫だと思ってたんだ。。
Posted by deko at 2007年03月16日 22:24
どっちか分からないな。
私が叔母さんだったら…姪っ子が癌と聞くのは辛いかも。
ただ闘病中明るく元気に顔見せてくれたら
すごくうれしいと思うよ。

楽しい話いっぱいしてきて欲しいな(*^▽^*)
Posted by ほっこ at 2007年03月16日 22:40
>dekoさん
私ねー、滅多に田舎に帰らないんです。遠いし、両親はこっちだし。
2年前に祖母のお葬式で帰ったのが最後かな。
だから、私たち姉妹が叔母のお見舞いに行くことって、ある意味すごく大げさになってしまう面もあって、どうしよう、どうしよう、なんて言ってるうちに、自分が乳がんになって・・・。
会っておきたい、それは絶対です。
で、母の気持ちもわかるから、私の病気のことはやっぱ言っちゃいけないんだろうなー。
それ以前に、叔母の顔を見たら泣いちゃいそうです。。。
dekoさんが同僚の方のお見舞いに行けなかったこと、後悔する気持ちわかります。
私も後悔しないように、ちゃんと行かなくちゃ。。。
Posted by シロクマ at 2007年03月16日 23:42
>ほっこさん
そうですよねー、姪が33で癌になったなんて知ったら、
叔母もきっと胸を痛めますよね・・・。
もしかしたら「がん友」として癒やしあえる面もあるかもしれないけど、
悲しませることは間違いないなあ。
一番自信ないのは、叔母に会って泣かずに話すことです。
いっぱい笑ってこなきゃダメですよね!!
Posted by シロクマ at 2007年03月16日 23:49
それは難しいですね〜。
私ならどうするかしら…。
叔母さんの様子次第って事になると思うのですが、末期なのであればやっぱり言わない気がするかなぁ。
うちは家族が結構話したがりぃでちいの病気は親戚中に知れ渡っています^^;まあそれも他のみんなが健康だからできる事ですよね。
泣きたくなっちゃったら、奥歯をグーーーーーと噛み締めると我慢できます。
シロクマさん、切ない気持ちは大きいと思うけど叔母さんと一緒に一杯笑えるといいですね!
Posted by ちい at 2007年03月17日 00:42
そっか・・ 悩ましい問題だね・・
その叔母様の性格によるかなぁ?
シロクマちゃんの言う通り、癌友として分かち合えて助け合える面が見つけられる人なら言ってもいいし、心配症な叔母様だったらやっぱり言えないだろうしね・・

色んな思いを天秤にかけて考えないといけない問題だね。
Posted by ナイトカオ at 2007年03月17日 09:39
>ちいさん
そうなんだよね、叔母の状態がかなり悪いのだったら、言わないかも。
私が1つちょっとイライラしちゃうのは、母や姉を通してしか
叔母の情報が入ってこないから、情報がイマイチ曖昧なのね。
でも私が叔母の家に直で連絡するなんてことは基本的にありえないし、
母や姉ががんのことについてあまりわかってないのもしょうがないんだけど。
親戚は、近くにいたらきっと知れてただろうけど、遠いから、母の為にはよかったわー。
親戚に心配かけたくないというより、人に話したり、人からその話題をふられたりして、娘の乳がんを再認識するのがイヤなんだと思うの。
ちいちゃん、ありがとう。
泣きそうになったら奥歯噛みしめるよー!!!
Posted by シロクマ at 2007年03月17日 12:37
>ナイトカオさん
叔母自身はね、達観してるというかなんというか、
やりたいことやってきたし、心残りは下の娘が独身なことくらいよー、
と言ってるらしいんだけど、自分の身に置き換えて考えたら、
私も自分自身のことなら病気になって死ぬんならそれも仕方ない、
って思っちゃう面あるんだけど、これが姪のことだったら、
とてもとてもそうは思えないもんね。。。
やっぱ、言うべきでないのかなー。
もっと近くにいて、頻繁に会えるんだったら、
私の病気を話す価値があるのかもしれないけど・・・
という気持ちになってきました・・・。
Posted by シロクマ at 2007年03月17日 12:48
お初で〜す。よろしくお願いします。
シロクマさんの叔母さん、癌なんですか…
私の叔母も癌で本当の病名を知らされないまま、30歳の若さで亡くなりました。亡くなる前は子供の小学校の入学準備を気にしていて…今思えば告知した方が良かったのにと、悔しく思います。
叔母さんは自分の置かれている状態をご存知なんですよね。
お母さんの気持ちの尊重…大事にしてあげてくださいね。
※リンクさせてもらいました。m(__)m
Posted by マリラ at 2007年03月17日 17:41
>マリラさん
早速おいでくださってありがとうございます☆
リンク、ありがとうございますー、私の方からもリンクさせて下さいね!!
マリラさんのおば様は、そんなに若くして亡くなられたのですね・・・。
病名をご存知ないままだったというのは、やっぱりちょっと、切ないですね。
人それぞれだけど、叔母の場合は知らせてよかったんだと私も思ってます。
そうですねー、母の気持ちも、尊重したいと思います。
33で乳がんになった、ってだけで、結構親不孝してますからね。
ちょっとは親孝行しないとなあ。。。
Posted by シロクマ at 2007年03月18日 02:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36130926
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。