2013年04月28日

私はもう4ヶ月ずっと連休みたいなもん

ゴールデンウィークよ〜♪
って、私あんまり関係ないけど。(笑)

しかし、昼間はぽかぽかあったかいのに夜は寒いわねーーー。

昨日は神宮で野球観戦。
売り出し中のライアン小川が先発よ!!

しかし、プレイボールの18時15分の時点で
「今日は寒すぎるから3回くらいで終わるわけにはいかないのか?」
などという声があちこちから聞こえる1塁側スタンド。(笑)
ほんっとーーーに寒かったのよ。
結構上の方だったから、冷たい風が吹き付けるの〜。
でも、そんな中でもビールを飲まずにはいられない人もいるのね。
うちのオットは「さすがに無理・・・」と言ってたけど。

なんだかんだ言いつつ、震えながら最後まで観戦して昨日も勝ち!!
(そして今日も勝ったみたいね!3タテ!!)
見に行く日は勝率の高い私なのであった。おほほほほ。

これは先週の我が家のお花。
13042702.gif 130427hana1.gif
コーラルピンクの芍薬よー。
かわいかったー♪♪♪

さて、本日は新国立の「ペンギン・カフェ 2013」初日。

まずは「シンフォニー・イン・C」。

第1楽章、コリフェの五月女遙ちゃんがすごくよい!!
プリンシパルの米沢唯ちゃんが登場してからも、
私はついつい五月女遙ちゃんを見てしまったよ。
唯ちゃんは、ちょっとお疲れ気味かな〜?という気が。
後半に進むにつれよくなったと思ったけれど。

第2楽章、小野絢子ちゃん、圧巻。
この楽章は全体で唯一のアダージョなんだけども、
美しいのなんの。
厚地王子も丁寧なサポートでうっとりするようなシーンを
作り上げてくれたわ。
冷静に見るとすごい身長差なんだけど、全然気にならなかったよー。
配役発表前、無難に山本王子を望んでいた自分を反省したわ。(笑)

思えば3年前、この第2楽章を踊る小野絢子ちゃんを見て
すっかり惚れ込んでしまった私なのだけど、
あの頃からは想像もつかないような完璧さだったなー。

第3楽章、奥村君が微笑ましくってねえ。
彼は全然ひねくれてない感じがよいよね。
寺田亜沙子ちゃん共々、若々しくてさわやかな印象。
(寺田さんはそんなに若いわけではない、か?)

第4楽章、盛り上がるよねえ。大好き。
菅野、厚地、奥村、トレウバエフと並んだ男性プリンシパル、
なかなかの見応えだったー。

前回見たときに、クラシックチュチュのバランシンは
日本人にはちょっとツライかも、なーんて思った私だったのだけど、
今回はそんなこと全く感じなかった!
小野絢子ちゃんに限らず、バレエ団全体が洗練されてきているというか、
純粋に心から楽しめたわーーー。
ああそれなのに、空席がいっぱい・・・、と、悲しくもなったけど。。。

続いてビントレーの「E=mc2」。(上付き文字ってどうやって出すの?)

見る前は相対性理論って言われても〜、と思ってたけれど、
実際のバレエ作品としては、あまりそこに固執するものではない感じ。

最初のパート、「E(エネルギー)」。
多分、気力と体力を大いに要求されるパートなんだろうな、
という感じだったんだけど、なんていうのかしら、
まだダンサーたちも未消化、私も未消化、という感じ??
私は見ていてなんだかベジャールの「春の祭典」を思い出しちゃったけど・・・。
きっと、これからもっとよくなっていくのでしょう。
みなさんがんばって!!

続いて「M(質量)」。
これはすごくよかったーーー。
何を意味しているか、とか置いといて、すごくキレイだった。
小野絢子ちゃん、長田佳世さん、寺田亜沙子ちゃんの3人が
それぞれ2人の男性にリフトされたりパ・ド・ドゥを踊ったり。
照明と音楽とリフトの浮遊感がすごくマッチしてたわ〜。
ここでもメインのパートを小野絢子ちゃんと厚地君で。
よいです、この組合せ。
(ここのとこ、絢子ちゃんと福岡君のパートナーシップに
ほれぼれしていた私なのだけど〜。)

そして「M(質量)」に拍手する隙間なく(残念無念!)
「マンハッタン計画」へ。
白い着物に赤い扇を持って湯川さんが踊る。
ビントレーさんは、日本の皆さんは福島のこと、原子力のことを
思われるのでは、みたいな感じにおっしゃっていたけど、
私はやっぱり「原爆」。
重低音が観客の私たちのお腹にもズズズズズ・・・と響いて。

最後は「C(光速)二乗」。
これはね、打って変わって楽しい。とっても。
メインを踊った福田圭吾君と五月女遙ちゃんの他に
わりとたくさんのダンサーが出てくるのだけど、
プログラムに名前が出てないのね〜。
カーテンコールの時、湯川さんが「光速」の衣装だったから、
あら、湯川さんもいたんだ!って思っちゃった。
厚地君や菅野君もいたよね、多分。
照明もキラキラだしすごく盛り上がるんだけど、
最後だけ「あれ?終わり?終わりなの??」って思ったのは
私だけかしら。

締めの演目は「ペンギン・カフェ」。
あの・・・、オケのリズム感がイマイチだったような・・・。
特に最初のペンギンちゃんのところねー。
私としてはそれでちょっと乗り損ねちゃった感じ。

それはそうと、メインキャスト(ソリスト)の皆さんも忙しそうだけど、
その他の皆さんもあっちこっちいろーんな役で出てらして、
大変だなーーーとしみじみ思っちゃった。
何人で何役こなしてるんだろうね??

とにかくまだ初日なので、今後に更に期待☆
posted by シロクマ at 23:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック