2006年09月02日

オット

一緒に住んでるたった一人の家族、オット。
うちのオットはものすごく優しくて、全然ジメジメしてなくて、
私にとってはホトケのような人。
病院の看護師さんの間でも既に、ものすごーく優しいだんなさんで通ってる。
なんであんなに優しいのか、そしてなんで彼が私と結婚したのか、
考えれば考えるほど謎だったりする。
もちろん欠点だってあるんだけどさー。
学生の時から付き合ってて、その頃から数えたらもう13年もたっちゃった。
もはや空気のような存在かなあ。なくては生きられないというか。。。
私の理想(?)は、彼より一年だけ長く生きること。
料理のできない彼を一人にしたくないけど、自分も一人で長くいるのは寂しいから。
うーーー、だめだ、オットのことについて考えると、涙が止まらん。
感謝の気持ちとか、
私がこんな病気になっちゃってオットがかわいそうとか、
こんなに大事にしてもらってるにもかかわらず
もっとわかって欲しい気持ちがあるとか、
いろんな思いがあり過ぎて、この項、今日はここまでじゃ。
posted by シロクマ at 12:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23148535
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。